Top >  持病、仕事と妊娠生活 >  配偶子病

スポンサードリンク

配偶子病

父親と母親の遺伝子に異常がなくても、精子や卵子が形成される過程や受精する時に、染色体に異常が生じることがあります。X線などの影響も考えられますが、実際のところ確かな理由は分かっていません。通常、染色体に異常のある受精卵は大きく育つ前に流産してしまいますが、まれにそのまま育って出産までいたるケースがあります。これが配偶子病です。
配偶子病の代表例は、ダウン症候群です。鼻が低く目がつり上がった独特な顔つきが特徴で、運動機能や知能にも遅れがみられます。ダウン症候群の場合、21対目の染色体が3個あり、通常46個のはずの染色体が、ひとつ多い47個になっています。ダウン症候群は高年出産のことが多いため、卵巣の中に蓄えられていた卵子が、加齢とともに何らかの刺激を受けて、染色体異常を起こすのではないかと考えられています。
見た目は女性なのに卵巣がなく子宮も発育しないターナー症候群も、性染色体がXひとつしかない配偶子病の一種です。

スポンサードリンク

 <  前の記事 立会い分娩への病院側の対応  |  トップページ  |  次の記事 立会い分娩への夫の心構え  > 

         

更新履歴

  • 出産の費用は?
  • 妊娠、出産で一番お金がかかるのは分娩費と入院費ですが、...

  • 貧血
  • 貧血の検査は、妊娠初期と妊娠後期の2回検査をする病院が...

  • 血液検査
  • 血液検査で調べる項目には、血液型、貧血、風疹抗体価、B型...

  • 尿中のタンパク、糖
  • 尿検査は、初診と定期健診ごとに実施します。これは一般的...

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「妊娠初期症状?はじめての妊娠」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。