Top >  持病、仕事と妊娠生活 >  胎芽病

スポンサードリンク

胎芽病

胎芽病は、妊娠のごく初期に母体を通じたなんらかの影響により異常を起こしたものです。精子と卵子が出会い受精卵となり、このひとつの細胞が分裂をくり返し、胎児の身体ができていきますが、特に重要な器官は非常に早い段階で基本形が出来上がってしまいます。脳や神経系統は受精後2〜3週間、心臓血管系統で受精後ひと月ほどです。
通常は、遺伝子のプログラムどおりに分裂が進むわけですが、何らかの刺激を受けた結果、分裂がプログラムどおりにいかず、間違いが起こってしまうわけです。この胎芽期に発生する先天異常が胎芽病で、先天異常の中で一番多く生じています。
胎芽病の原因には、薬物、X線、ウイルスや細菌などが考えられます。アザラシ症の赤ちゃんが生まれる原因となったサリドマイドは、つわりの治療薬でした。風疹のウイルスは、白内障、難聴、精神薄弱などの原因になります。薬物やウイルス感染など、妊娠中に最も気をつけなければいけません。

スポンサードリンク

 <  前の記事 立会い分娩への夫の心構え  |  トップページ  |  次の記事 出産する病院の選択基準  > 

         

更新履歴

  • 出産の費用は?
  • 妊娠、出産で一番お金がかかるのは分娩費と入院費ですが、...

  • 貧血
  • 貧血の検査は、妊娠初期と妊娠後期の2回検査をする病院が...

  • 血液検査
  • 血液検査で調べる項目には、血液型、貧血、風疹抗体価、B型...

  • 尿中のタンパク、糖
  • 尿検査は、初診と定期健診ごとに実施します。これは一般的...

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「妊娠初期症状?はじめての妊娠」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。