Top >  持病、仕事と妊娠生活 >  胎児病

スポンサードリンク

胎児病

胎児病は、妊娠12週以後、胎児自体の発育や、母体を通しての影響で異常が起こるものです。妊娠12週を過ぎると、からだの器官は、だいたい形はできあがっているので、外からの刺激で奇形になるということはありません。けれど、この期間も胎児のからだは種々の機能を充実させ、骨格や筋肉を発達させているのです。
ウイルスや細菌に感染したり、母体が何かの病気を持っていて、十分な酸素や栄養の供給ができないと、胎児に障害があらわれます。巨大児、子宮内胎児発育遅延、酸素欠乏障害などです。血液型不適合による溶血性疾患も、胎児病のひとつです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 出産する病院の選択基準  |  トップページ  |  次の記事 母子同室  > 

         

更新履歴

  • 出産の費用は?
  • 妊娠、出産で一番お金がかかるのは分娩費と入院費ですが、...

  • 貧血
  • 貧血の検査は、妊娠初期と妊娠後期の2回検査をする病院が...

  • 血液検査
  • 血液検査で調べる項目には、血液型、貧血、風疹抗体価、B型...

  • 尿中のタンパク、糖
  • 尿検査は、初診と定期健診ごとに実施します。これは一般的...

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「妊娠初期症状?はじめての妊娠」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。