Top >  持病、仕事と妊娠生活 >  仕事を持つ女性の出産

スポンサードリンク

仕事を持つ女性の出産

今の時代、女性が結婚してからも仕事を続けることは、めずらしいことではなくなりました。夫と協力して、仕事と家庭を両立させている女性が増えているわけです。とは言え、ひとたび妊娠すれば、女性には大きな負担がもうひとつプラスされることは間違いないでしょう
働く女性といっても、業種も仕事内容もさまざまで、職場によって妊娠した女性に対する理解もいろいろだと思います。計画的に妊娠時期を選択した人、予期せず妊娠した人、それぞれ事情も異なるはずです。
しかし、一番に考えなければいけないことは、母体と赤ちゃんの安全です。周りの人に少なからず迷惑をかけてしまうのは仕方のないことです。甘えることなく、誠意を持って、そしてけして無理をせずに仕事を続けてください。そうすることが、あなた自身のためだけでなく、あなたのあとに続く女性たちのためにもなるのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 母子同室  |  トップページ  |  次の記事 母親学級  > 

         

更新履歴

  • 出産の費用は?
  • 妊娠、出産で一番お金がかかるのは分娩費と入院費ですが、...

  • 貧血
  • 貧血の検査は、妊娠初期と妊娠後期の2回検査をする病院が...

  • 血液検査
  • 血液検査で調べる項目には、血液型、貧血、風疹抗体価、B型...

  • 尿中のタンパク、糖
  • 尿検査は、初診と定期健診ごとに実施します。これは一般的...

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「妊娠初期症状?はじめての妊娠」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。