Top >  持病、仕事と妊娠生活 >  母体と赤ちゃんを守るために1

スポンサードリンク

母体と赤ちゃんを守るために1

まずは、何はなくとも休息が一番です。ちょっとした合間を見つけて、できるだけ休みをとるようにしましょう。自宅でゆっくりするのはもちろん、職場でも休み時間を利用して、足をいすの上に上げたり、可能であれば横になれるといいですね。腹痛や出血など流産などの兆候があったら、けして無理せず早めに休みをとり、産科医の診察を受けましょう。
仕事との両立というのは大変かもしれませんが、家事は無理をせず手抜きしましょう。こんな機会です、夫にも思いっきり甘えてしまいましょう。とはいえ、食事だけはしっかり、栄養バランスを考えて。
仕事が休みの日は、リラックスして過ごすようにし、無理なスケジュールでの外出は避けましょう。外出を避けるといっても、無理するのがいけないだけで、外で新鮮な空気を吸い、気分転換をするのはいいことです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 出産する病院の選択方法  |  トップページ  |  次の記事 出産する病院の選択枝 その1  > 

         

更新履歴

  • 出産の費用は?
  • 妊娠、出産で一番お金がかかるのは分娩費と入院費ですが、...

  • 貧血
  • 貧血の検査は、妊娠初期と妊娠後期の2回検査をする病院が...

  • 血液検査
  • 血液検査で調べる項目には、血液型、貧血、風疹抗体価、B型...

  • 尿中のタンパク、糖
  • 尿検査は、初診と定期健診ごとに実施します。これは一般的...

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「妊娠初期症状?はじめての妊娠」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。