Top >  持病、仕事と妊娠生活 >  母体と赤ちゃんを守るために2

スポンサードリンク

母体と赤ちゃんを守るために2

気をつけなければいけないのは通勤です。当然のことながら、ラッシュの時間帯は避けるようにしましょう。無理して急行電車で立っていくようなことのないよう、普通電車で座っていけるように、時差通勤を心がけるとよいでしょう。
夏場は、どこも冷房が強めになっているものです。身体を冷やさないよう、カーディガンを持ち歩く、職場ではひざ掛けを用意するなどの工夫が必要です。
職場での旅行やいろいろな行事は、無理せず欠席してかまいません。腹痛や出血を起こしたり、万が一流産の原因になったりでもすれば、自分自身だけでなく職場の人たちにも迷惑をかけることになります。
妊娠中でも職場の健康診断はきちんと受けましょう。ただし、レントゲンと予防接種は避けましょう。胸部X線であれば受けても問題ないですが、妊娠している時にあえて受ける必要はありません。

スポンサードリンク

 <  前の記事 出産する病院の選択枝 その1  |  トップページ  |  次の記事 出産する病院の選択枝 その2  > 

         

更新履歴

  • 出産の費用は?
  • 妊娠、出産で一番お金がかかるのは分娩費と入院費ですが、...

  • 貧血
  • 貧血の検査は、妊娠初期と妊娠後期の2回検査をする病院が...

  • 血液検査
  • 血液検査で調べる項目には、血液型、貧血、風疹抗体価、B型...

  • 尿中のタンパク、糖
  • 尿検査は、初診と定期健診ごとに実施します。これは一般的...

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「妊娠初期症状?はじめての妊娠」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。