Top >  持病、仕事と妊娠生活 >  危険有害業務の禁止

スポンサードリンク

危険有害業務の禁止

労働基準法には、つぎのような定めがあります。「使用者は、妊産婦を、重量物を取り扱う業務、有害ガスを発散する場所における業務その他妊産婦の妊娠、出産、哺育等に有害な業務に就かせてはならない」雇用者は、妊娠中の女性や出産後1年を経過しない女性を、重量物を取り扱ったり、有害ガスなどにさらされるような、危険な仕事をさせてはいけないということです。
また、労働基準法の定めはそれだけではありません。「使用者は、妊娠中の女子が請求した場合においては、他の軽易な業務に転換させなければならない」危険が仕事でなかったとしても、妊産婦が請求することで、より負担のない仕事に変えてもらうことができるわけです。
現実的には、どの程度の仕事なら問題ないか、仕事を変えたほうがよいのか、産科医に相談した上で、必要があれば診断書を書いてもらいましょう。

スポンサードリンク

 <  前の記事 里帰り出産の問題点  |  トップページ  |  次の記事 育児のための休暇、休暇中の解雇制限  > 

         

更新履歴

  • 出産の費用は?
  • 妊娠、出産で一番お金がかかるのは分娩費と入院費ですが、...

  • 貧血
  • 貧血の検査は、妊娠初期と妊娠後期の2回検査をする病院が...

  • 血液検査
  • 血液検査で調べる項目には、血液型、貧血、風疹抗体価、B型...

  • 尿中のタンパク、糖
  • 尿検査は、初診と定期健診ごとに実施します。これは一般的...

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「妊娠初期症状?はじめての妊娠」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。