Top >  持病、仕事と妊娠生活 >  男女雇用機会均等法での母性保護

スポンサードリンク

男女雇用機会均等法での母性保護

男女雇用機会均等法には、通院のための休暇、健康管理のための休暇、育児休暇が定められています。ただし、男女雇用機会均等法の定めは「努めなければいけない」ことであり、労働基準法の定めに比較して、努力目標のようなニュアンスになっています。
このため実際の運用は、雇用者の考え方や取り組み方次第、職場によって大きな格差があるのが現実です。しかし、今の時代どこの企業も女性の労働力を重視し、結婚、出産で退社した女性の再雇用や、パート社員の正社員登用に取り組む企業も増えてきています。
通院のための休暇については、妊娠中および出産後1年、産科医の診断等を受けられるよう、事業主の配慮が求められています。健康管理のための措置については、妊産婦に対する時差通勤、勤務時聞短縮、残業免除、業務軽減するなどの配慮が求められています。必要に応じて、育児休業の実施も求められています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 そのほかの出費  |  トップページ  |  次の記事 保育園の手配  > 

         

更新履歴

  • 出産の費用は?
  • 妊娠、出産で一番お金がかかるのは分娩費と入院費ですが、...

  • 貧血
  • 貧血の検査は、妊娠初期と妊娠後期の2回検査をする病院が...

  • 血液検査
  • 血液検査で調べる項目には、血液型、貧血、風疹抗体価、B型...

  • 尿中のタンパク、糖
  • 尿検査は、初診と定期健診ごとに実施します。これは一般的...

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「妊娠初期症状?はじめての妊娠」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。